« ACT1058 雑記・邑那ルート観 | メイン

『遥かに仰ぎ、麗しの』感想

一気に書くのが大変なんで、ちまちま書いていく事にします。

現在の状況……<シナリオ観><キャラ観(メインキャラ)><邑那ルート観>作成。


<キャラ観>
■風祭みやび

見た目は子供、バストは絶壁。字はぷりちーみやび。
優秀すぎる兄と姉のために両親に省みられる事がなかった。
そのため、凰華女学院分校理事長という役目を果たそうと懸命になっている。
ただし全力で空回り。
みやびの言動は周囲との軋轢は深めるばかり。
そんな彼女も司の影響で徐々に変わり、周囲へと溶け込んでゆく。
物語後半、司に対してデレ化した時の破壊力は計り知れない。
バストの差が決定的な差にならないことを思い知らせてくれる。
みやびちゃんぷりちー。


■鷹月殿子
何を考えているかわからない、いつもフラフラしている女の子。
しかしてその実態は『ただ諦めてる人』。
実はかなり感情的なタイプなのだが、その方向がやたらネガティブである。
初めて自分という人間を理解してくれた司から、
飛行機作りを通して様々な事を学んでゆく。
幼なじみの梓乃とは凸凹コンビ。
字はデンコちゃん。


■八乙女梓乃
過去のいじめが原因で対人恐怖症に陥っている少女。
幼なじみの殿子の影に隠れていつもおどおどしている。
物語前半、自分から殿子を奪おう(?)とする司に、
シャレではすまない猛烈な嫌がらせ攻勢に出るも全て空回り。
そうして司を追い回すうち、
自然と彼女は他の人間の輪へ入っていくことを覚えてゆく。
対人恐怖症を抜きにすると、わりと普通の女の子。
しかし、一度腹をくくった彼女の意志の固さは凄まじい。
字はしのしの。


■仁礼栖香
カチコチのマニュアル人間。
ルール、規範といったものに非常にこだわるが、
まるで融通というものが効かない。
試験に強いけれど実践に弱いタイプ。
また、あまりにも思い込みが激しく、
それが原因となって周囲の人間(というか肉親)との軋轢を起こす事が多い。
と言うかもっとちゃんと話し合え仁礼親娘。
物語が進むにつれて『マジメな優等生』から、
『融通のきかないへっぽこ』へと変化してゆく。
PULLTOPの放つ最新エロ兵器。
シーン回想の半分近くを一人で占める豪傑。
字は尻穴奴隷。


■相沢美綺
やかまし系のハイテンションキャラ。
と見せかけて場の空気を読むことに極めて長けており、
常に周りへの気配りを忘れない、実はかなりの大人キャラ。
色んな意味で栖香と正反対の存在。
シーン回想の多さは栖香に次ぐが、
栖香に比べるとインパクトが足りないか?
字はみさきち。


■榛葉邑那
ミステリアス眼鏡。
得意技は思わせぶりな言動と紅茶入れ。
中の人は麻理奈さんだったり由真だったりする。
設定は明かすには何かと色々不都合があるので明かせません。
エロゲー的超展開大炸裂。
というか、このルートでの司は最後除いてまさしくピエロ。
彼は最初から延々と無駄なおせっかいを焼き続けるハメになる……
字は……別にどうでもいい。


<滝沢司>
ある意味、一番語りにくい男。
本校系ルートと分校系ルートとで全く性格が違うどころか、既に別人の域に達している。
仮に両シナリオの司を入れ替えたとするならば、完全に物語が破綻してしまう。
……あまりにキャラの方向性が違いすぎて擦り合わせが出来なかったのでしょうか?
それが最も顕著に感じられるのは、各ルートの暁先生の存在感の差。
普通の青年である分校ルートの司は、
何かと彼に物事を相談したり、あるいは世話を焼かれたりするのだが、
ヒーロー肌の本校ルート司はほとんど自分の判断で動くため、暁先生をまるで必要としない。
そのため、分校ルートでは名脇役を演じる暁先生が、本校ルートでは空気になってしまう。

本校ルート司。
熱血青年。初授業で机をブッ叩いてカリスマになった男。
自らの意思で物事を選び取り行動し、結果を出していくヒーロー型の主人公。
ただし反面、あまり人の話を聞かないフシがあり、
勝手に自己完結して迫り来るヒロインから遠ざかろうとするのは困り物。
(ついでに言うなら、秘書の件はリーダさんにはあらかじめ説明しとけば良かったのでは、とは思った)
リーダさんの張り手をくらってようやく一人前の主人公になった、という感じか。

分校ルート司。
普通の青年。
悲しい程に影が薄く、学院生たちにナメられまくっている。
その後ではナメさせまくるわけだが。失敬。
そして、悲しい程に行動に結果が伴わず、おせっかいを焼きたがる割には空回りしがち。
栖香ルートと邑那ルートではいたずらに事態をひっかきまわすばかりであった。
というか『主人公』として物語を引っ張っていった事がかなり少なかった気がする……
性欲が異様に発達しており、分校ルートにおいては彼のきかん坊ジョニーが八面六臂の大活躍を見せる。
言葉攻めが得意技。

両ルート共に一人称が『僕』だが、ごくたまに『俺』になっていることがある。
多分誤字。


<シナリオ観>
本校系キャラ、分校系キャラとで担当しているライターが異なるが、
(本校系:健速氏 分校系:丸谷秀人氏)
両者で全く司のキャラクター、および物語の方向性が異なる。

本校系の司は、行動力や決断力が高く、また積極的に他人のために動こうとする。
そのため、生徒、同僚問わず高い人望を得ている。
(正直、なぜこの男が就職浪人になりかけたのか、というところが分からない……)
しかし彼は過去のトラウマのため『人と深い関係を持つ事を嫌がる』という欠点を持っており、
ヒロイン達の好意を素直に受け入れる事ができない。
本校系のヒロイン達は彼と触れ合い、彼に引っ張られるようにして自分たちの背負う問題――
――主に『彼女等自身の中にある問題』――を乗り越えていく。
ヒロイン達の『心の成長』がシナリオの肝。
状況を打破することではなく、打破するための『心の強さ』を手に入れることが目的。
例えて言うなら『うしおととら』『時限鉄道』に近い。
物語後半は、追いかけても追いかけても通常のザクの3倍のスピードで逃げていく司を、
ヒロイン達が追いかけたり追いかけられなかったりする。

分校系の司はごく普通の青年。
お嬢様学校の特異なシステムと個性派の生徒たちに振り回されている。
彼は分校系のヒロイン達の抱える問題に触れ、
彼女等と共に悩みながら困難を乗り越えてゆく。
ヒロイン達の『状況の打破』がシナリオの肝。
『うしおととら』で例えると『暁に雪消え果てず』といったところか。

シナリオの長所短所をそれぞれ挙げるとするなら……

本校系。
長所。
主人公がヒーロー的。好き嫌い別れるところだが、私個人はこーゆーのが好きである。
『ゆのはな』における拓也の系譜を継いでいる。
その真摯さでヒロインたちの心を動かしてゆく様が爽快。
みやびちゃんぷりちー。みやびの萌えは危険過ぎ。
短所。
各シナリオの展開の整合が甘い……というか大雑把。
司の行動に全く影響せず起こるはずの出来事が、
シナリオによって起こったり起こらなかったりする。
具体的には、鏡花の両親の事件、殿子の両親の事故、由の赴任など。
鷹月にケンカを売る覚悟を決めた司が最後の最後まで鷹月にタンカを切らない。
あと、ロケット飛ばすのに免許が必要、と言っていた司が、
飛行機の免許を持っていたかどうかが謎(車の免許すら持ってないのに)。

分校系。
長所。
設定の緻密さ。
各シナリオは強力にリンクしており、設定やイベントの多くが共通している。
同じイベントを色んな視点で見る事ができるのだ。
また、司がどのような行動をとろうとも、
ヒロインは全員自分たちの問題を克服し、幸せを掴みとることができる。
(司に選ばれなかったヒロインもきっちり報われる)
CG無しの脇役がしっかり立っている。
栖香がハンパじゃなくエロい。
短所。
物語の展開や、そこで交わされるキャラの主張に我田引水くさいものを感じる。
栖香ルートでの問題が他ルートであっさり解決されてしまうため、
他のルートを先にやってしまうと栖香ルートが肩透かし展開に。
実は栖香ルートは、司が余計な事をしたためにトラブルの解決が遅れただけの展開。
(司が栖香と美綺の口論を止めなければ、屋敷の問題はすぐ解決していた)


<邑那ルート観>
ああ、そうさ。僕は場違いさ。
おそらく僕がいなければ、このまま舞台の幕は下り、
それなりに全てがうまくいくのだろう。
もしかしたら、
僕なんかいなくてもいいのかもしれない。
僕がいなくたって、
邑那と燕玲は全く同じ計略を立てて、
同じように成功してたかも知れない。
だけど、僕はここにいる。

司の王様に対する「王様は裸だ」という言葉。
はっきり言って邑那ルートにおける司の存在理由はそれしかないわけだが、
しかしそれこそがたった一つの、最も重要な事だった。
司がこの場にいない他のルートでは「それなりにうまくいった」のだろう。
表面上起こったことは変わらなかったのだろう。
だがしかし、邑那、ついでに源八郎を本当の意味で救うためには、
やはりその言葉がなければならなかったのだろう。
それが司の『主人公』としての役割だった。
そう考えると、邑那ルートにおける司の存在の軽さっぷりにも納得行く気がする。
ただ。
やはりどうしても納得いかないのは。

邑那も燕玲も他人を踏みにじって生きている人間である

というところ。
甘っちょろいヒューマニズム。
子供めいた価値観。
しかし私は、どうしてもそれを捨てられない人間なのだ。
そこを割り切って生きられない人間なのだ。
光の当て方によって見え方が変わるにしても、
彼女らにそういう一面があるのは確かな事実。
象という全体は見えなくても、耳や牙や鼻の特徴、それ自体だって真実なのだ。
「ビジネスとはそういうもの」の一言で片付けられないような、
他人に後ろ指指されるような、悪辣な手口でのし上がってきたことは事実なのだ。
自分がツライ思いをしたからといって、生き延びる唯一の手段だったからといって、
有象無象の人間を苦しめる理由にはならない。
私だって、世の中キレイ事だけじゃ通らないだなんて分かってる。
でも、世の中では通らないことが通るからこそ物語とは素晴らしい、
ということもあるハズだと思うのだ。

そして邑那達の言動で一番気に食わないのは、
「踏み躙ったたくさんの人々の境遇には胸を痛めます」
などと邑那がいうところ。本当なのだろうか?
自分が破滅しないために周りの人間が不幸になっても構わない、
という行動をとっているのにそんな事を言うのは単なる言い訳ではないのか。
この世で自分だけが可哀想だとでも思っているのか。
どうせやることが変わらないのだったら、
初めから悪ぶっておけばいいのではないか。

司はこれらの問題を
「僕は、邑那が、好きなんだよ」
の一言であっさりとクリアしてるけど、
どうやら私は司ほど邑那の事が好きじゃないらしい。
それだけじゃあとても納得いかなかった。
そこで「主人公」「私」との間に距離が出来てしまっている。
邑那ルートは一つの物語としては上出来の上出来なんだけれど、
少なくとも個人的には、物語に『感情移入』はできなかったなあ、
というのが正直な感想。

私にとって彼女等の行動は、
「ここ二年近く、わたしは、あんたやジェームズ卿みたいな人間のために、
 五十万から百万もの幼い子供たちが、飢えて死んでいくのを見てきた。
 根本的には、あんたのような人間が、邪悪な腐敗しきった独裁制を操って、
 より大きな利益を懐にするために、やったことなんだ。
 しかもすべては、法と秩序の名において、
 合法性と制度上の規定を根拠にして、行われたんだ」

――『戦争の犬たち』より引用――と何一つ違うようには思えなかった。
例え理由や動機が違うにしろ、そんな個人的事情など知ったこっちゃない他人にとっては、
自分たちの被った結果だけが真実なのだから。

ところで、渉さんがPULLTOP史上初の
「救いようのないド悪党キャラ」として描かれているのは、
燕玲との対比のためなのだろうか。
『出会い』がなかったがために堕ちた人間を描くため。
そうでなければ、渉さんの落とし所は「ただ勘違いしてたいい人」
で終わらせときゃ済む問題なので。


<今回のもちたんとわらびー>
もちたん:栖香のSDCG、および談話室のTV画面に出現。
わらびー:談話室のTV画面に出現。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://narunayu.tokushori.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/395

コメントを投稿